口臭予防には健康的な唾液の分泌が大切

新生児や赤ちゃんの日常生活の様子を観察すると、よだれが垂れていることが多いですよね。
ときに、それは他人にとっては、「ちょっと汚いな」と感じることがあるかもしれません。
 
しかし、赤ちゃんのよだれは口腔内を清潔に保つためには大切なものだと言われているそうです。
それだけではなくて、よだれが多いからこそ赤ちゃんには不快な口臭などないそうなのです。
ですから、もしも赤ちゃんの口から唾液の分泌が減少してしまうと、赤ちゃんにも口臭が出てしまうこともあり得ます。
そしてこの口臭と唾液の関係は、子供でも大人でも老人でも、基本的には同じなのです。
 
人間、成長して子供になってくると赤ちゃんのようなよだれは自然に無くなります。
すると子供にも口臭がみられるようになります。
また、もっと成長して歳を取ってくると唾液の分泌が減少してくることが多くなり、口の中が乾きがちになります。そうすると口臭がひどくなったりするのです。
 
それゆえ口臭を予防するには、日頃から健康的な唾液の分泌が欠かせないという結論になるのです。
確かに自分の今までの経験から考えても、唾液が減少すると口臭が出てくるような気がします。